公開履歴
薬を飲む女性

花粉症の諸症状を抑えるためには早い段階で治療薬を飲むことも選択肢に入ります。花粉症治療薬は年々進歩しており、症状の出るタイミングに合わせて飲むことにより症状を大幅に緩和できる可能性もあります。しかし、治療薬には副作用もあるので副作用を考えながら薬を服用することが重要となります。副作用の中には眠気が起こったり、口が乾いたりするものもあります。眠気が起こることにより、運転に集中できなくなる恐れもあるので治療薬の副作用には注意が必要となります。花粉症の症状の強さに合わせて治療薬を選択することも大切です。自身の症状がそれほど重くないにも関わらず、大きな効果を持つ花粉症薬を飲むと副作用が出すぎてしまうかもしれません。一方で花粉症の症状が重いときに効果の小さな治療薬を使用してもなかなか効果が出ない可能性があります。

花粉症の治療薬は可能であればいくつか用意しておき、その日ごとの状況に応じて選ぶことが重要となっています。例えば、運転をしなければならないことが分かっている場合はなるべく副作用が少ないものを選択しましょう。眠気により運転に集中できなければ大変なことになる恐れがあるからです。また、花粉症のシーズンになると毎日のように飛散予想が出されます。そういった情報をキャッチし、たくさんの飛散があるときには少し効果の大きい治療薬を飲むことが有効となります。天気予報の際に花粉の飛散情報が発信されることが多いです。インターネット上でもそういった情報を手に入れることが出来ます。天気が悪い日は一般に花粉が飛びにくいとされており、症状が少し出にくい可能性もあります。

花粉症の治療薬の持つ副作用の中でも特に影響が大きいのが眠気が出るということです。眠気が出ることにより仕事に支障をきたす可能性もあります。しかし、最近ではそれほど強い眠気が出ないタイプもあるので、そういったものを使用することで副作用の影響を緩和することが出来ます。眠気の出方については個人差があります。ほとんど眠気を感じない方から、強い眠気を感じる方もいます。自分がどのくらい副作用を受けやすいのかについて知っておくことが大切となります。花粉症の症状自体も個人差があります。少しマスクするだけで防げる方もいれば、目を開けておくことすら難しいほど症状が出る方もいます。症状の程度に合ったものを使用することによって、花粉症の時期の過ごし方が大きく変わる可能性もあります。休みのときにも飛散予想を参考にしておきましょう。仕事が休みで家から出ないという場合であっても油断は禁物となります。