足脱毛

足脱毛を毛抜きで自己処理するデメリットとは

夏が近づいてくると手足や両わきのムダ毛が気になり、ムダ毛を処理する回数が増えてきます。
ムダ毛のケアにはたくさんの方法がありますが、最もツルツルの素肌を長期間キープできるのは脱毛です。
何故なら、カミソリで剃ったり除毛クリームを使用したケアは肌の表面にあらわれたムダ毛を処理するのに対して、脱毛は肌の奥にあるムダ毛の根元からケアできるからです。
手軽に脱毛をする方法に、毛抜きを使用した自己処理があります。
ですが、毛抜きでの自己処理はデメリットがあるので注意が必要です。

 

 

足脱毛を毛抜きで自己処理するデメリットとは
1つめは、時間がかかるということです。
1本1本ムダ毛を挟んで抜いていくので、足脱毛など広範囲をケアしたい時に非常に手間がかかってしまいます。
さらに、アフターケアがおろそかになりやすく、肌の炎症や黒ずみ、皮膚の下にムダ毛が埋もれてしまう埋没毛にもなりやすいの気を付けましょう。
これらの肌トラブルを防ぎながらムダ毛をケアするなら、専門施設での脱毛がおすすめです。
脱毛ができる施設にはエステサロンのような美容施設と、美容クリニックのような医療施設の2つのタイプがあります。
エステサロンなどではフラッシュを肌に照射してムダ毛をケアしていきます。
いっぽう、美容クリニックではレーザーを肌に照射して脱毛をおこないます。
どちらも似たような施術方法ですが、効果の違いや痛み、施術にかかる期間や費用などで差が出てきます。
レーザー脱毛で使用されているレーザーは、もともとはアザやシミ、ホクロを薄くする治療で使われていました。
それが体毛の除毛作用があることが分かり、脱毛に活用されるようになりました。
ですので、レーザーでのケアは医療行為にあたるため、医療施設で施術するように決められています。
痛みは強いもののムダ毛への効果が高く、施術期間が短いという特徴があります。
それに対してエステサロンにフラッシュ脱毛は、レーザー脱毛の威力を弱め、誰でも施術できるように改良したものになります。
痛みが弱く、1度のフラッシュ照射で多くのムダ毛をケアできるというメリットがありますが、施術期間が長くなる傾向にあります。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛でムダ毛を処理すれば、埋没毛を防げるという特徴があります。
さらに、専門知識を持ったスタッフが足脱毛をおこなうので、肌の炎症や乾燥、黒ずみが起こりにくいのも魅力です。
毛抜きでの自己ケアで感じていたデメリットをカバーできるうえに、保湿効果の高いクリームでアフターケアもおこなうので、美肌に近づけるのも嬉しいポイントです。